体を撫でることなどで、患者さんがセラピーキャットをすごく可愛いと感じた時に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスの緩和や癒しなどに結びついているのです。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になった後に販売され、まったく同じ成分で負荷が小さい(薬の価格が高くない)後発医薬品のことを意味します。

アルコールを無毒化するという作用のあるナイアシンは、辛い宿酔に効く成分です。

嫌な二日酔いの大元とされるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも作用しています。

内臓脂肪症候群とは断言されていなかったとしても、内臓脂肪が多く付着する類の悪い肥満を持ってしまうことにより、複数の生活習慣病を招きやすくなります。

インフルエンザ(流行性感冒)の予防術や医師による処置といった類の基本の措置というものは、それが例え季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても一緒なのです。

脳卒中のくも膜下出血はその80%以上が「脳動脈瘤」と言われる脳内の血管の瘤(コブ)が裂けて脳内出血することで引き起こされてしまう命にかかわる深刻な病気として知られています。

クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする感覚などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを起こす花粉の放出される量に追従するかのように深刻になる特徴があるそうです。

ハーバード医科大学(HMS)の研究結果によれば、毎日2杯以上ノンカフェインのコーヒーを飲めば、直腸癌の発生リスクを半分も減らせたのだ。

BMIを求める式はどの国も同じですが、BMI値の評価は国ごとに少しずつ違い、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合だと低体重と決めています。

栄養バランスの取れた食事や体を動かすことは当然ですが、健康増進やビューティーを目的として、サブに色々なサプリメントを摂る事がおかしくなくなったようなのです。

季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果から、注射の効果を期待できるのは、接種の14日後からおよそ150日くらいということが判明しています。

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓が分泌している解毒酵素の機能的な産出活動を助けているかもしれないという可能性が判明しました。

スマホ使用時の光のチラつきを低減する専用メガネがいま最も人気を集めている理由は、疲れ目のケアに大勢の方が惹かれているからだといえます。

外から観察しただけでは骨を折ったかどうか区別がつかない時は、負傷した所にある骨を優しく指で触ってみてください。

その部位に激しい痛みが響けば骨が折れているかもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

内臓脂肪が多いことによる肥満があり、油脂の摂取などによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、高血糖の中で2項目以上当て嵌まる健康状態のことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいるのです。